走塁ランナーコーチ上達革命

走塁ランナーコーチ上達革命【代田建紀監修】体験レビュー

最優先するべき走塁・コーチャー技術

これで接戦に勝てるチームになりました。

走塁ランナーコーチ上達革命を体験

 

規制緩和される今年の高校野球。
自粛続きで満足した練習さえできなかったというチームも多いと思います。

 

 

初めまして、岡山市で高校の野球部のコーチをしているタカシです。
実はうちの野球部も甲子園を目指してはいるんですが、今のままでは難しいかも…というのが現状。


 

いつもなら6月の強化期間に合宿をしたり、遠征試合をやるところなんですが、満足した練習もできず、5割ぐらいの完成度のチーム状況。

 

先日、久しぶりの練習試合をしたところ、走塁や盗塁でのミスが目立ちました。

 

夏の地方大会はチームのレベルが均衡しているので、一つの走塁ミスが試合の勝敗を決めてしまうこともある…。

 

 

特に今年の3年生は、1年の頃から自粛続きで思うように練習もできていないので、走塁が下手なのは薄々気が付いていました。

 

ですが、走塁やコーチャーに関しての専門的なことは指導しずらいと思っておりました。
とはいえ、コーチとして、今年のチームは何とかして勝たせてやりたい…。

 

そんなときネットで「走塁ランナーコーチ上達革命」を知り、チームで取り組んだところ、短期間の練習で1点を争うような接戦の試合でも勝てることが多くなりました。

 

 

私もこれまで市販本などで走塁に関して勉強もしていましが、やはり文章ではわかりにくく、ランナーコーチのスキルに関しては専門的に学べるものがないんですよね。

 

そんな中、この走塁ランナーコーチ上達革命(DVD)を繰り返し見て、多くを学び試合に生かすことが出来ました。

 

なので、元・千葉ロッテマリーンズ 走塁コーチ 代田建紀監修・指導の「走塁ランナーコーチ上達革命(DVD)」を実際に購入し、このページにまとめておくので、

 

 

「走塁が苦手で少ないチャンスをものにできない」「短期間で今より勝てるチームにしたい」となっているなら、きっと参考になると思います。

 

間違った指導で遠回りする前に、手っとり早く、ランナーコーチのテクニックと走塁の技術をレベルアップさせて、勝てるチームになりましょう。

 

お急ぎの方は、以下から詳細をどうぞ↓↓

 

>>走塁ランナーコーチ上達革命を公式サイトで詳しく見てみる<<

 

 

高校野球の走塁練習をネットで調べてみる

高校野球の走塁練習

 

ネットで「高校野球 走塁練習」で調べてみると、「ベースランニングと走塁の基本」とか、「○ヶ所走塁練習が効率が良い」とか、ヤフー知恵袋のQ&Aにいろいろありますね。

 

例えば、

●ベースの踏み方
各塁のベースの踏み方はできるだけ左足で踏み、打者走者はベースの右外側を踏み、駆け抜けるという意識もちます。2、3塁ベースはピッチャよりの内外側のベースを踏むようにして走るとか。

 

●ヒットを打った場合の走り方
ヒットの場合は、真っ直ぐきて膨らもうとすると、スピードが緩むので1塁のやや手前側から1塁ベンチ側に膨らんで走るとか。

 

打者がヒットを打った場合だったり、凡打を打った場合など、オーバーランする時のベースの踏み方は、良く角を踏みなさいと言われることがあります。

 

ですが、角を踏みすぎると滑ってしまう可能性があります。
なので、ベースの手前を踏めるような形が良いと私は思っています。

 

そうすれば体の倒しも効くので、オーバーランが真っ直ぐに行き、ベースの踏み外しも少なくなります。

 

その際、一塁線と平行に引かれた線である3フィートのラインに向かって斜めに入っていって、ベースをターンをするといいようです。
足が合わなかったときは仕方ありませんが、極力左足で踏むといいですね。

 

なぜなら、左足で踏むと、右足が前に出て、体を斜めに倒すことでバランスがくずれにくい。(右足でベースを踏み、左足を前に出て走るようにすると、バランスが崩れやすい。)
極力左足で踏んで右足が前に出るようにするベースランするのが理想。

 

また、コーチャーから「回れ」「行け」といった掛け声がかかるので、打球確認したらスピードを落とさずに狙える可能な塁まで一気に向かうとか。

 

●一塁コーチャーの役割
打者が打ちあげたフライ、凡打のゴロを打っても「走れ」とか「来い」とか、「手を回す」などして指示を出す。

 

また、コーチャーは、走者を先に進めるように瞬時に指示を出し、躊躇をさせずに思いきり行かすとか。

 

●練習の最後に走塁練習をする
スライディングなどを入れて走塁練習をしますが、手首を必ず痛めたりすることがあるので、走塁練習のときには誰かに見てもらってやるといいとか。

 

●判断力をを鍛える自宅でもできる練習法
走塁の判断力が鈍くて困っている選手も多く、自分で確実といえる走塁判断ができないために走塁ミスが多く、部活での練習だけでの実戦ばかりでなかなか上達しないという声もありますね。(ヤフー知恵袋)

 

とにかくプロ野などの多くの試合を見たり、走塁の状況判断は視覚や聴覚からの情報を目一杯利用するといいとか。

 

こんな感じでインターネットにはいろいろな情報があるんですけど、どちらかと言えば少年野球について走塁練習に関してことが多く、今一つ高校野球の走塁練習についての情報がないんですよね。

 

特にランナーコーチ(コーチャー)に関してはほとんど見当たらない。

 

また、ヤフー知恵袋にあるベストアンサーなどを見ても、それで「短期間で走塁の技術やコーチャーのテクニックが本当にレベルアップするのか?」って聞いてみたいですよ。

 

 

書いてある情報は正しいとは思うんですけど、「それだけで実戦で使える走塁の技術やコーチャーの指示の仕方などのスキルがレベルアップするのは難しい話なのかも」と薄々感じていました。

 

で、気づいたら「何か良い走塁の練習方法はないかなー」とまたネットを見ていたんです。

 

でも、「そんな都合よくあるわけないよなー」と思っていたら、あったんです。
それが、上記でもお伝えした元・千葉ロッテマリーンズ 走塁コーチ 代田建紀監修・指導の「走塁ランナーコーチ上達革命です。

 

走塁ランナーコーチ上達革命とは?

走塁ランナーコーチ上達革命の内容の一部(ダイジェスト)↓↓

 

走塁ランナーコーチ上達革命というのは、野球の1点を争うような試合で勝つためには欠かせない、ランナーコーチの指導と走行塁を実際の試合で行える走者を同時に育成していくということに特化し、それを誰でも実践できるように体系化した、一般では知ることができない内容になっている野球DVD教材です。

 

監修・指導は、元・千葉ロッテマリーンズ、現・城西大学野球部コーチの代田建紀さん。

 

代田さんはこれまで長年、「走塁のプロ」として、の多くの試合経験の中で、様々な攻撃のシーンで走塁に関わってこられました。

 

 

さらに、走塁コーチとして、ただ走るという走塁のみならず、走者への指導、指示の方法、ベースコーチ、ランナーコーチの育成指導をしてきた経験をお持ちです。

 

やはり普通に考えれば、実績のあるプロ野球の走塁コーチがら教えてくれるのが一番ですよね。

 

少年野球や高校野球では学生が得点を左右させる一塁や三塁ランナーコーチとして立ちます。

 

 

ランナーコーチ(コーチャー)はあまり目立ちませんが、強いチームにはかならず優れたランナーコーチがいるものです。

 

そのため、的確な状況判断と走塁指示で、走者を少しでも進塁させチームを勝利に導くランナーコーチの技能の習得と走塁の技術(テクニック)が短期間でレベルアップできると知り、とても興味を持ちました。

 

走塁ランナーコーチ上達革命は

●走塁が苦手意識があるので短期間で効率良く上達したい人
●ランナーコーチ(コーチャー)の技術やテクニックを磨きたい人
●走塁に関することを市販本で学んでも実際の試合で活かせていない人
●1点を争うような接戦で勝てるようになりたい人
●相手ピッチャーが良くて味方打線不調でも、少ないチャンスをものにしたい人
●スライディングやベースランニングが下手など、走塁ミスが多くて困っている人
●教えてくれる良い走塁の指導者がいない人
●どのように走塁を教えればいいのか、わからない人

このような悩みがある方に方に向けて作られた、少年野球選手から一般野球チームの選手、指導者まで対象とした野球DVD教材です。

 

代田建紀さんのプロフィール

代田建紀プロフィール

 

出身は神奈川県横浜市泉区。1974年2月11日(48歳)
身長 180 cm
外野手(右投両打)
50m走のタイムは5秒6。
藤嶺学園藤沢高校卒業後に城西大学に進学し、その後は社会人野球の朝日生命の野球部に入部。
1年目は1番打者として都市対抗野球ベスト4、2年目にJABA東京スポニチ大会で活躍すると都市対抗は補強選手として出場する。
1997年のドラフト6位で当時の近鉄バッファローズに入団して2000年までプレー。
その後、ヤクルトスワローズに移籍して2002年までプレー。
2003年から2008年までは千葉ロッテマリーンズでプレー。
引退後の2009年からは千葉ロッテマリーンズの二軍の外野守備走塁コーチに就任。
現在は城西大学野球部コーチを務める。
JA全農Go・Go賞 3、4月度「好走塁賞」- 2007年

 

>>走塁ランナーコーチ上達革命を公式サイトで詳しく見てみる<<

 

走塁ランナーコーチ上達革命の口コミや評判を調べてみる

走塁ランナーコーチ上達革命の口コミ

 

でも、実際に走塁技術が上達するのかはやってみないとわからないし・・・。

 

実は私も、走塁ランナーコーチ上達革命を買う前にインターネットでプロが教えるという野球の走塁の本をamazonで買ったことがあるんですが、ベースの踏み方や盗塁のコツなどの技術についてはわかりやすく解説してあったんですけど、実戦の場でどうのように指導していいいのかわからないんですよね。

 

子供の今の状況によっては、どのように教えたらいいのか具体的にわからないということがありました。

 

 

特にランナーコーチについて、走者への指導や指示のやり方については、ほとんど触れられていなくて・・・。

 

 

そんなこともあり、走塁ランナーコーチ上達革命の口コミや評判を調べてみたんですが、ネット上にはそれらしい口コミがありませんでした。

 

一番信じられそうだなって思えたのは顔写真付きで教え子や推薦者の声が掲載してある公式サイトでした。

 

その一部がこちら↓↓

(Hさん)
プロ野球選手として活躍された代田さんのDVDは中高生矢その指導者の方はとても勉強になると思います。
特に走塁について1つ1つの動きは教わったことがなかったので目からうろこでした。
実際にお手本を見せて頂いたり、細かい所まで指導してくれ非常に勉強になりました。
野球の勝敗を分ける大切なプレーの1つが走塁なので、プロ野球で活躍された方に教えて頂いて、とてもいい経験になりました。

(Aさん)
私は野球部のコーチをしてpります。
代田さんのご指導の元、日々練習に取り組んでいるのですが、常に先の塁を狙うスタート、スピード、スライディングの3Sの重要性を教えて頂きました。
これから、私が指導をしていく部員に対して走塁での大切なことを学ぶことができています。
試合では、走塁に対しての意識をチーム全員が変えたこで、これまでチャンスを逃していた私のチームも得点に結びつくケースも増え、試合での結果として表れています。

(千葉ロッテマリーンズ Kさん)
私は、この走塁ランナーコーチ上達革命(DVD)を見て野球には走塁の技術は欠かせないものだと改めて感じました。
代田コーチの今回のDVDは盗塁はもちろん、ベースの踏み方、帰塁、などの基本的なことから現役のプロ野球選手のテクニックについても解説してあり、とても参考になると思います。
盗塁のコツであったり、ベースの踏む位置、スライディングの仕方などいろいろなテクニックがあり、走塁というのは、考えている以上に難しい。
盗塁ひとつとっても、ピッチャーの癖もあるふだろうし、スライディングのやり方なども色々あり、奥の深さを感じてました。
実際、接戦の試合では走塁が試合を左右することもあるので、非常に重要だと思います。
この走塁ランナーコーチ上達革命は代田コーチが直接グラウンドに出て指導してお手本をみせてくださっていいるので、中学生や高校生にもとても分かりやすいと思います。
是非、代田コーチのDVDを見て、走塁の技術を効率良く身につけて欲しいと思います。

(※著作権の関係上、一部ニュアンスをかえて掲載しています。)

 

走塁ランナーコーチ上達革命を購入した理由

この走塁ランナーコーチ上達革命を知ったときには、本当に走塁が上達するのか、正直半信半疑でした。

 

でも、公式サイトにプロ選手の顔写真付きでの推薦もあったことから、これなら「効果があるかも?」と思えるようになってきたんですね。

 

また、毎年新入部員が入ってくる野球部での指導で、この走塁ランナーコーチ上達革命があれば、今後、ランナーコーチや走塁の指導に悩まないで済むと思ったんです。

 

 

一点を争う試合では、少ないチャンスを逃さず必ず本塁に帰ってくることが必要です。ランナーコーチや走者ならそれが役目。

 

でも、走塁ランナーコーチ上達革命を買って「私が本当に教えることができるのか」「値段も17,040円(税・送料込)と高いしなあ…」という気持ちもあったんですが、購入後の180日間の個別メールサポート、効果がなければ全額返金もしてくれるということで、悩んだ末、結局購入したわけで。

 

まあ、考えてみればそれだけ商品に自信があるということなので、走塁に関してはあまり得意じゃない私でも、安心して部員に教えられるという気持ちになりました。

 

 

ただし、返金は次の2条件を満たした方になります。

1. 購入日から90日〜180日以内に連絡をいただいた方
2. 期間内にメールサポートを5回以上利用した方

 

走塁ランナーコーチ上達革命の収録内容

走塁ランナーコーチ上達革命DVD

 

実際に走塁ランナーコーチ上達革命(DVD2枚組)を購入したので、その収録内容(目次)を紹介します。

 

■Disc1
●打者走者
1.駆け抜け・ベースの踏み方
2.オーバーラン
●一塁走者
3.離塁・帰塁
4.盗塁のスタート
5.スタート後のバッターの見方
6.スライディング
●二塁走者
7.離塁
8.シャッフル
9.打球判断
●三塁走者
10.離塁・帰塁

 

■Disc2
●三塁走者
11.打球判断
●一塁コーチャー
12.打者走者に対する役割
13.一塁走者に対する役割
14.二塁走者に対する役割
●三塁コーチャー
15.一塁走者に対する役割
16.二塁走者に対する役割
_________________________
17.クッションボールやカットプレーでの判断

 

Disc1では、打者走者の駆け抜け・ベースの踏み方から始まり、一塁走者、二塁走者、三塁走者の基本から押さえておきたいポイント、盗塁、離塁、帰塁のコツ、スライディングなど技術について学べます。

 

代田さんの実演と選手を使っての走塁の技術や、状況判断を含めた考え方などが良い例と悪い例をまじえて学べるので、中学生や高校生でもわかりやすいです。

 

練習の仕方や指導のやり方も具体的に学べます。

 

 

Disc2では主に一塁コーチャーと三塁コーチャーの役割の重要性について解説してあります。

 

一塁ランナーはあまりやることがないと思われがちなので、一塁コーチャーはさほど重要でないと考えていませんか?

 

実はとても大切で、一塁コーチャーの役割としては、いかにアウトカウントが少ない状態で先の塁に進めるかといった意識を持って指示をだすことが大切になります。

 

 

そのためには、相手の守備位置や動きを観察しながら、「早く走れ」「抜けろ」とかの掛け声をしたり、ジェスチャーをしてバッターを早くベースに走らせるといったことをしなければなりません。

 

そうした一塁コーチャーと三塁コーチャーの役割について、声を出すタイミングなどのポイントが具体例をまじえて、わかりやすく説明してありました。

 

走塁ランナーコーチ上達革命を購入した感想

走塁ランナーコーチ上達革命を購入した感想

 

代田建紀監修・指導の「走塁ランナーコーチ上達革命」を購入した感想をまとめておきます。

 

実際にDVD2枚組を見てみると 中学生や高校生にも本当にわかりやすい走塁とランナーコーチに特化した野球DVDで、小学生の低学年には難しいかもしれませんが、高学年から中学、高校で野球をやっている選手、その親御さん、指導者の方なら絶対に見るべきだと思いました。

 

一方で他のチームには見て欲しくないとさえ思いました。

 

 

野球の走塁といっても、いろいろな場面もありますし、小年野球や中学、高校で野球をやっている指導者や顧問の先生なら、毎年部員が入れ替わる中で、どのように走塁やコーチャーについて教えたらいいのか、悩むことも多いはずです。

 

やはり小学生や中学、高校の早い段階から正しい走塁の知識やコツ、コーチャーの役割などを頭に入れて励めば、野球が上手くなるのに遠回りしないで済みます。

 

その当たりの指導方法や練習方法が順をおって説明してあり、ミーティングなどで指導者と選手がDVDを見て一緒になってディスカッションしたり、走塁やコーチャーについて勉強しながら試合に活かすことができるのが良かったです。

 

 

このDVDを繰り返し見て普段の走塁練習に取り組めば、プロで培ったその走塁の技術やどんな場面でも応用できるランナーコーチスキルが手に入るんです。

 

この「走塁ランナーコーチ上達革命」を繰り返し見て、練習に活かすことで、より走塁のテクニックやコーチャーのスキルがレベルアップし、どんなに相手ピッチャーが良くて打線が低迷していても、少ないチャンスを活かすことができ、接戦をものにできるでしょう。

 

この「走塁ランナーコーチ上達革命」を見た選手や指導者の方は、もうずでに取り組んでいるはずです。

 

 

なぜなら、このDVDを見た直後から、すぐに自宅で走塁やコーチャーの正しい知識が得られたり、グラウンドですぐに取り組むことができるからです。

 

それでなくても、自粛続きで思うように走塁練習がきなていないチームも多いと思うので、ライバルに差をつけるならできるだけ早くに取り組んだほうが良いんだ。そう気づかされました。

 

まとめ

走塁ランナーコーチ上達革の体験レビューまとめ

 

元・千葉ロッテマリーンズ 走塁コーチ 代田建紀監修・指導の「走塁ランナーコーチ上達革命を実践すれば、少ない練習時間でも効率良く強いチームにすることが期待できます。

 

なぜなら、市販本などでは知ることができないプロで培ったランナーコーチ(コーチャー)と試合で好走塁を実際に行える走者を同時に育成していくことができるノウハウがわかるからです。

 

高校野球などの学生の場合なら、レベルによっても違いますが、基本は控え選手がやると思います。

 

 

ただ、高校野球の強豪校にもなれば、コーチャーは専属でやっている選手もいるほど重要視している。

 

これは、ネットで「高校野球の走塁練習」で調べているときに「私立育英高等学校 - 高校野球監督の名言」というのが目につきました。

 

甲子園常連の強豪校「智弁和歌山」といえば強打。そこには『走塁練習やっとったら あと3回ぐらい 優勝しとるかな(笑)』 (智弁和歌山・高嶋 仁元監督) の言葉があり、改めて強いチームにするにはコーチャー、走塁技術のレベルアップの大切さを痛感した次第です。

 

 

高校野球をやっている選手や指導者なら、やはり目標は甲子園。

 

走塁ランナーコーチ上達革命は私が購入してみて本当におすすめできる野球DVD教材です。

 

おかげで自粛続きで思うように練習ができず走塁が下手だった今の3年生も短期間で好走塁ができるようになり、1点差ゲームの接戦でも勝てることが多くなりました。

 

 

強打者がおらず打線が低迷だから勝てないとか、走塁の指導は難しいとか言い訳する前に、この走塁ランナーコーチ上達革命で、「どんな場面にも応用できるランナーコーチのスキル」と「走塁の技術」を身につけて、接戦でも勝てるチームになりませんか?

 

今なら安心の180日間全額返金保証・個別メールサポート付き!

このページの先頭へ戻る